茨城大学理学部化学コース
物理化学研究室西川研究室
Nishikawa Laboratory,Department of Chemistry,
Foculty of Science.Ibaraki University

茨城大学 西川研究室

研究内容

Research

分子性物質を基盤とした伝導性,磁性,光物性などの機能性材料の開発とデバイス化

西川研究室では電気伝導性および磁性,さらに発光などの光物性を持つ有機分子や金属錯体を開発し,これらの物性が互いに相互作用し,複合的に新しい機能を発現する集合体や薄膜デバイスの構築を目指しています。
研究の流れとして,物質の合成しその性質を評価するとともに,集合体やデバイス化を行い,その物性の測定まで一貫して行っています。

研究の流れ

具体的な研究テーマとして,以下の研究を中心に推進しています。

①分子性導体および超伝導体の開発と物性研究

研究内容を詳しく見る

②磁性と伝導性が相互作用する系の開発とスピントロニクス材料への応用

研究内容を詳しく見る

③キラルな発光材料を用いた円偏光発光有機ELデバイスの開発

研究内容を詳しく見る