茨城大学理学部化学コース
物理化学研究室西川研究室
Nishikawa Laboratory,Department of Chemistry,
Foculty of Science.Ibaraki University

茨城大学 西川研究室

キラルな発光材料を用いた円偏光発光有機ELデバイスの開発

光とは電磁波であり,その電場成分と磁場成分が光の振動数で振動している。この電場および磁場成分が回転している光を円偏光という。円偏光には右回転と左回転がある。近年,右あるいは左回転の円偏光を優先的に発光する円偏光発光(CPL; Circularly Polarized Luminescence)材料の開発が盛んに行われている。CPL分子を発光材料に用いた発光デバイスは3次元ディスプレイや次世代の情報通信技術,種々のセンサー,医療診断技術等への応用から注目を集めている。我々も有機半導体材料として古くから知られているペリレンジイミド誘導体にキラリティーを導入した分子が,凝集状態ではじめてCPLを示すことを明らかにするとともに,この分s氏を用いた円偏光発光有機発光ダイオード(CP-OLED)の開発に取り組んでいる。