茨城大学理学部化学コース
物理化学研究室西川研究室
Nishikawa Laboratory,Department of Chemistry,
Foculty of Science.Ibaraki University

茨城大学 西川研究室

分子性導体および超伝導体の開発と物性研究

分子性導体における超伝導発現のための新しい分子設計として,従来の分子性導体の主要な構成分子であるTTF(テトラチアフルバレン)やTTP(テトラチアペンタレン)のπ電子系を縮小し,分子のオンサイトクーロンエネルギーを増大させ,その結果,系の電子相関を強くするという概念に基づいて,縮小π系ドナーの開発を行っている。

そのような分子の一つであるDODHTから,圧力下で超伝導体へと転移する物質の開発に成功している。この物質の常圧の電子状態は,電荷秩序絶相であることを明らかにしてきた。電荷秩序相に圧力を加えることによって,超伝導相へと転移することから,そのメカニズムに興味がもたれる。

また最近では,縮小π系ドナーにキラリティを導入したキラル伝導体の研究を行っています。キラリティを導入することによって,新たに発現する物性の開拓を行っています。